ストレス解消と精神の安定方法

ストレスと精神安定

家でくつろいでいる女性 ストレスやイライラなどの要因は、対人関係や仕事での問題、家事や育児などの精神的なものから、 睡眠不足や疲労などの物理的なものがあります。

趣味に没頭できたり、独自のストレス解消法を持つ人はイライラなどから頭を切り替えればいいですが、 そう簡単にはいかない方が多いのではないでしょうか。

イライラやストレスを改善するには

ストレスを解消して精神を安定させるには、気分転換などでリフレッシュできればモチロンいいのですが、 食事や生活習慣などに気をつけることでもある程度の対処が可能です。

精神不安になりやすい成分を避けて、ビタミンやミネラルなどのストレス耐性の高い成分を積極的に摂取しましょう。 また、物理的な原因では睡眠不足、疲れなどもあります。睡眠を十分に摂って身体を休めることも大切です。

精神安定によい成分や食品

さわやかなお茶の写真 精神を落ち着かせるためには、カルシウムやビタミンを積極的に摂取して、リラックス効果のあるお茶なども組み合わせましょう。

カルシウム
カルシウムには脳の興奮や神経のいらだちを抑えて、気持ちを落ち着かせる作用があります。 カルシウムはマグネシウムが不足すると働きが悪くなるのでマグネシウムと同時に摂取したい栄養素です。

ビタミンC
ストレスに対抗するホルモンを合成します。ただし。多くのストレスがかかるとビタミンCの消費も早くなりますので、 十分に補給したい栄養素です。体に蓄積できないので毎食摂ってください。

ビタミンB群
ビタミンB群は神経に重要な役割を果たします。特にB1は不足するとイライラしやすくなったり、憂うつになったりします。 B6は、セロトニンなどの神経伝達物質をつくる働きがあり、B12は神経を正常に機能させる作用があります。 豚肉、ナッツ類、玄米、うなぎの蒲焼、真鯛、紅鮭などに多く含まれています。

カゼイン
牛乳のたんぱく質に多く含まれています。カルシウムの吸収をよくしたり、精神の鎮静作用などがあります。 牛乳は後述のトリプトファンなども多く含むため、安眠や精神安定によいといわれています。 ただし、体質により合わない人も多いので注意してください。

トリプトファン
神経伝達物質のセロトニンの原料になります。セロトニンは、精神安定、鎮静、催眠効果のある物質です。 また、脳にトリプトファンが多くなると催眠効果が上がるといわれています。 牛乳、大豆、小麦胚芽、そば、スパゲッティなどに多く含まれます。

バレリアン
昔からリラックス効果の高いハーブとして使用されてきました。 現在では不眠症の解消や、精神、神経の鎮静作用のために使われています。 欧米では不眠症の治療として使われているので一定の効果が期待できます。
とりすぎに注意したい食品

カフェイン
コーヒー、紅茶、緑茶などに含まれ、脳を活性化する作用があります。 カフェインを1日600mg以上摂取すると、不安、不眠などの症状が出ることがあるので注意してください。 参考までにレギュラーコーヒー100g中には約40mgのカフェイン含有されています。

砂糖
砂糖などの甘いものは、脳を活動させるエネルギー源で安定作用のあるセロトニンの分泌を促します。 一見よさそうですが、疲れて脳が欲している時に摂ると急激に血糖値が上昇し反動で低血糖を起こすことがあります。 また、ビタミンB群やカルシウムを急激に消耗するので摂りすぎには特に注意してください。

参考:http://xooxt.com/

身長の伸びと精神の関係は

身長の伸びは、精神的な安定が必須ということをご存知ですか? 身長の伸びは、栄養、睡眠、運動といわれていますが、ストレスがかかった状態では身長が十分に伸びないんだそうです。

両親の中が悪い子どもは、のびのびと育たないといういい例です。

両親の不仲が原因、娘の身長の伸びがストップ―中国
http://www.recordchina.co.jp/a148576.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする