オリゴ糖

オリゴ糖とは

オリゴ糖(oligosaccharide)とは、ブドウ糖や果糖などの糖類の最も小さい単位である単糖類同士がグリコシド結合によって数個結合したものをいいます。

その種類としては、「大豆」や「ガラクト」、「フラクト」、「乳果」などの各オリゴ糖があり、それぞれの働き具合にも微妙に相違があります。

「イソマルト」、「ガラクト」、「乳果」などは「お腹の調子を整える食品」としてトクホに認定されているなど、一定の働きが認められています。オリゴ糖が配合されている商品としては、砂糖の代わりの甘味料や飲料、菓子、パンなどの食品があります。

カロリーは砂糖の半分以下で、しかも体内に吸収されないためダイエット向け商品などによく使用されます。

オリゴ糖の効果や効能とは

ビフィズス菌のエサとなってビフィズス菌の増加を助ける働きをするので、結果的に腸の調子を整える作用があります。

腸内環境がよくなると、便秘が解消されやすくなります。 また、ビフィズス菌の増殖には、ヨーグルトやケフィア、食物繊維などと同時に摂取するとさらに効果が高まります。

オリゴ糖には、その他にも以下のような働きがあります。

ダイエット効果
オリゴ糖自体にダイエット効果はありませんが、カロリーはほとんどないので、 砂糖に代わる甘味料として普段の生活に使用すれば甘いものを食べてもカロリーが抑えられ、ダイエットにつながります。

美肌への作用
摂取することにより、腸内の善玉菌が増えるので腸が活発化し便と共に老廃物を排出してくれます。 すなわち、内側から体調を整え、キレイになるために役立ちます。

虫歯予防
虫歯菌の増殖を抑えるため、虫歯になりにくい甘味料です。
虫歯になりにくいために、砂糖の変わりにお菓子や飲料などに使用されていることが多いのです。

オリゴ糖を多く含む食品とは?

オリゴ糖を多く含む食品としては、バナナやごぼう、にんじんなどがあります。一昔前に流行したバナナダイエットなどはバナナに含まれるオリゴ糖の力で便秘や美肌などの効果が期待できるとして人気がありました。

オリゴ糖自体は、厚生労働省から一定の効果がある「トクホ」に認定されているため、清涼飲料水、キャンディ、ビスケット、プリン、ヨーグルト、テーブルシュガーなどの様々な食品に配合されています。

また、オリゴ糖と黒酢を組み合わせると、黒酢に含まれるクエン酸の疲労回復作用と甘さ+整腸作用により飲みやすく効果の優れた健康飲料となるでしょう。そういった、商品も多数販売されています。

オリゴ糖は、腸内フローラなど腸内の善玉菌のエサとなり、腸内環境をよくすることができる成分として近年注目が高くなっています。下痢の対策などによく使われるので、おなかが弱いという人はオリゴ糖のサプリなどを試してみるのもいいでしょう。

乳酸菌のサプリメントを中心に、下痢対策に良いサプリメントを紹介しています。オリゴ糖を同時に配合したものや、オリゴ糖が中心のサプリメントなども多数紹介しているので気になる人はチェックしてください。
URL:http://dr.flop.jp/

乳酸菌が中心ですが、オリゴ糖の商品なども紹介しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする