アミノ酸の効果とサプリメントの選び方

質の良い睡眠は健康を維持するうえでとても大切です。ところが、現代社会では寝つきが悪い・途中で目が覚めてしまう・熟睡できないなど、睡眠の悩みを抱えている方がとても多くいます。

これらの原因は不規則な生活習慣や過度のストレスなどが関係することが多く、放っておくと不眠症をまねき、やがては精神疾患などにつながることもあるので、少しでも不眠症の兆候があれば早い段階で何かしらの解決策を見出す必要があります。

質の良い睡眠をするには

質の高い睡眠(寝つきが良い・熟睡できる・目覚めがスッキリ)を取り戻すためには、規則正しい生活を心がけたり、ストレスを感じたらすぐに自分なりの方法で発散をしたりすることが大切です。

現代人は仕事に追われ深夜の帰宅なども当たり前になっています。これにより、睡眠時間が少なくなったり、就寝時間が遅くなると体のリズムが乱れてしまい、質の良い睡眠ができなくなります。

アミノ酸のグリシンは天然の睡眠薬

質の良い睡眠をとるためにアミノ酸もとても有効です。アミノ酸のなかでも特にグリシンは天然の睡眠薬といわれるほどの効果があります。ある食品会社がおこなった実験で、不眠症の方たちを対象に就寝前にグリシンを摂ったときと摂らないときの眠りの調査をおこないました。

調査方法は消灯してからの睡眠までの時間を計測するもので、グリシンを摂ってから就寝をした人たちは、15~30分程度で眠りにつきましたが一方のグリシンを摂らないで就寝した人たちは睡眠までに60分以上もかかったという結果となりました。

深部体温を下げる働きもある

睡眠のリズムは私たちの体温とも深い関係があります。普通、睡眠中の体温は起きているときよりも低くなります。また、就寝をするときは体温が下がるときに眠りにつくと熟睡ができることが解明されています。

赤ちゃんが眠るときには手足が温かくなるのは、手や足から熱を外に出すことで深部体温を下げるためです。ですから眠りにつくときに深部体温を下げることは質の良い睡眠のために必要なのです。グリシンを摂取することで末梢の血流が促進され手足から熱が放出されやすくなります。このため質の高い眠りにつけるのです。

アミノ酸サプリメントの選び方

アミノ酸は体のタンパク質を合成する健康に欠かせない栄養素です。最近ではアミノ酸のサプリメントも多く錠剤やパウダー状、ドリンクタイプなど好みに合わせて選べるようにもなっています。

アミノ酸のサプリメントを服用する目的は人によっても異なり、健康維持のために摂る方もいれば、美容目的の方もいますし、アスリートのように運動能力を高めるために摂る方もいます。

目的別サプリメントの種類

アミノ酸のアプリメントは大きく分けて2種類があります。1つはアミノ酸を基調にしているものと、もう1つはアミノ酸と他の成分(ビタミンやミネラルなど)を複合しているものです。

アミノ酸を基調にしたサプリメントは、必須・非必須アミノ酸をバランスよく配合しているものと、効果の目的別にアミノ酸の配合バランスを変えているものがあります。健康維持のためにアミノ酸を摂るのであればすべてのアミノ酸がバランス良く摂取できるタイプがおすすめです。目的によって摂取するアミノ酸を変える場合には、それぞれの目的に適したアミノ酸が多く含有されているものを選びます。

たとえば、美容目的の場合でしたら、角質層などに作用するアミノ酸(グリシンやアラニンなど)を多く含有するタイプ、スポーツのためのアミノ酸でしたら持久力を高めるアミノ酸(バリン・ロイシン・イソロイシン)に特化しているものを選ぶと良いでしょう。

このほかには、不眠やストレスなどをサポートするのはグリシン、肝機能アップでしたらアラニンやグルタミンなどのアミノ酸が適しています。

身長アップにもアミノ酸は有用です。身長というとカルシウムと誤解されることも多いのですが、骨を成長させるにはアミノ酸(タンパク質)を不足なく摂取することが必要です。特に運動を多くする子供は、アミノ酸が不足しやすいので注意が必要です。

身長を伸ばすサプリの種類

アミノ酸サプリメントの形状もいろいろ

サプリメントの形状は錠剤のほかにパウダータイプやドリンクタイプ、ゼリーなどがあります。パウダータイプのほとんどは、水がなくても飲めるよう美味しく味付けがされているので外出先でも気軽に服用ができます。

ドリンクタイプは運動目的で飲む場合のものが多く、吸収が早く運動前に飲むことですぐに効果を実感できるのが特徴です。ゼリータイプはおやつ代わりに手軽に食べれるものが多く、ダイエットや美容を目的としたものが多く出ています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする