にんにく注射:効果や副作用は?

にんにく注射とは?

最近話題になっているにんにく注射とは、イメージ的には、なにかニンニクを摩り下ろして体内に注入するような感じですが、そうではありません。 ビタミンB1とグリコーゲンを主成分とした栄養成分にアリシンなどの栄養素を加えた総合栄養注射のことをいうのです。

ハードなパフォーマンスを要求されるスポーツ選手やタレントなどの間で愛用者が増えているのをマスコミに取り上げられてから広く世間に知られるようになりました。 にんにく注射と呼ばれるゆえんは、点滴中に微少のニンニク臭がするためです。

これはビタミンB1に硫化アリル(硫黄化合物)が含まれていることが原因であり、後に臭いが残ることはありません。

にんにく注射の効果について

看護婦さんと患者の画像 にんにく注射によって全身に成分がいき渡ることによって、血行がよくなります。 その結果、新陳代謝が高まり全身の疲労物質(乳酸など)の除去を促進します。

にんにく注射には即効性(すぐに効果があらわれる)があり、すぐに疲労の回復や倦怠感の改善が体感できる人が多いのも特徴です。

また、成分に含まれるビタミンB1は体内のエネルギー代謝を高めることから、肥満防止など美容と健康の維持にもよい働きがあり注目を集めています。

にんにく注射に含まれるビタミンB1

ビタミンB1は糖質の代謝を助ける栄養素で、吸収した糖質を分解しエネルギーを生成する働きを助けています。 ビタミンB1が不足すると、糖類の分解能力が低下し糖質がエネルギーとして燃焼されなくなると、元気がなくなったり肥満になりやすくなります。

また、ビタミンB1には筋肉に蓄積する乳酸を除去する働きもあり、これが不足していると疲れがたまりやすい体質になります。

にんにく注射の副作用などは?

特に副作用などはありません。主成分のビタミンB類は水溶性で体内に蓄積されることがないため、採りすぎて体に影響がでることがないのです。 むしろ、体外に排出されやすいのでこまめに補充するのが理想的といえます。

にんにく注射のその他の効果

最近のWHOの見解では、健康とは「単に病気や障害のない状態をいうのではなく、肉体的・精神的・社会的に完全な状態をいう」となっています。

疲労しているだけでも完全な健康ではないということですね。 個人差があり一概には言えませんが、にんにく注射は、病気・怪我・障害以外の以下のような方たちの健康回復に効果が見込めます。

  ・食欲不振の方
  ・疲れやすい、疲れがなかなか取れない
  ・倦怠感が抜けない人
  ・夏バテその他の理由で体力が落ちてる人
  ・冷え性の人
  ・虚弱体質、風邪をひきやすい人
  ・偏頭痛に悩んでいる人
  ・慢性的な肩こり、腰痛のある人
  ・肝臓が弱ってきてる人
  ・仕事がら休みが取れない、休みが不規則

にんにく注射の1回の値段は?

スポーツ選手では清原選手や丸山茂樹選手など、タレントでは浜崎あゆみさんやSMAPなどが愛用していることから高価なイメージがあります。 しかし、実際は1回1,000円くらいでできる病院もあり、ほとんどが2,000円~4,000円の価格帯に設定されています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする